キャッシングとクレジットカードの関係!既にキャッシング契約がある人は注意を!

クレジットカードをいざ新規で契約しようとした際、金融事故が無いのにも関わらず、審査落ちしてしまうことがあります。

その理由として考えられることは、他社借り入れを含めて総量規制である年収の1/3を超えてしまうことがあります。ついつい、クレジットカードの申し込みでキャッシング枠の設定があり、注意しなければ10万円の利用枠を契約している可能性があります。

クレジットカードは会員カードとして一体化していることもあり、気付いた時には複数枚を所持している可能性があります。そして、既に消費者金融でカードローンを契約していると直ぐに年収制限を超えることになります。

また、クレジットカード会社によっては、キャッシング契約の有無に慎重な審査を行うこともあり、貸倒リスクを考慮して審査落ちにすることもあります。そのため、キャッシング枠については不必要に増やさず、クレジットカードの利用枠は0にするなどの対応が重要です。特に審査落ちの頻度が多い方はキャッシング契約が影響していると疑うことをお勧めします。