キャッシングの際に必要となる本人確認書類や収入証明書について

キャッシングを申し込む際には必ず本人確認書類が必要となります。今回は本人確認書類と収入証明書について紹介したいと思います。

キャッシングの際に有効となる本人確認書類には「運転免許証」・「パスポート」・「マイナンバーカード」・「住民基本台帳カード」・「各種保険証」・「印鑑証明書」・「住民票」といった物があり、基本的には運転免許証やパスポートのような顔写真付きの本人確認書類が提出書類として認められる事が多くなっています。

また、以前でしたら健康保険証も本人確認として認められる事が多かったのですが、法律の改正によって本人確認書類の確認が厳しくなったことにより、顔写真が無い本人確認書類に関しては単独では提出書類として認められないケースが増えており、健康保険証も単独では認められないことが多くなっています。

また、キャッシングの際に収入証明書が必要となるケースとしては、総量規制の対象となることから消費者金融1社の利用限度額が50万円を超える場合や、複数の消費者金融で100万円を超える借り入れをする場合があります。その他にも50万円以下の限度額であったとしても自営業の方は確定申告書や銀行通帳といった収入証明を求められる場合があります。